絵本の頃から読み聞かせをしましょう

子供の大好きな絵本。


子供が寝る前に読み聞かせをしている家庭も多く見受けられます。

親子で寝る前に布団に寝転がって、お気に入りの絵本を読むことは、子供が幼い頃だけにできる親の特権です。

子供が複数いるときには、どちらの本を読むかというケンカもしばしば起こります。
どうしてもお気に入りの本は出来てしまうので、そこで、お互いに譲るということをおぼえて欲しいと親は願っています。まだ良く字が読めない子どもには、はっきりした色使いの絵本が好まれます。
赤ちゃんが初めて認識する色ははっきりした赤ですので、そんなところも関係してきます。この頃には、絵本に苦手意識を持たないように、本は楽しいもの、という思いを持って貰えれば、十分です。自分で選べるようになってくると、親が読んであげたい本と、子どもが選ぶ本には大きな隔たりがあります。

子どもは親が選んで買ってきた本より、幼稚園などでその時、ブームになっている本のほうが喜ぶことのほうが多いです。
また、幼稚園に行っている子の場合は、園で練習しているお遊戯の関連の本などには興味を示すことが多かったです。
例えば、孫悟空の劇を練習している時にはサルの出てくる話を読む、などといった具合です。


逆に、絵本をプレゼントしてみませんか。

私が喜ばれたのは、下の子の出産祝いに上の子にも絵本をプレゼントした時です。
どうしても下の子に手がかかり、上の子は後回しにされがちで、赤ちゃんがえりをする子も多くいます。

出産祝いも当然べビーのものばかり。

それでは上の子はすねてしまいます。

たまたまでしょうが、友人の出産祝いに、上の子にも絵本をあげたところ「これは私がもらったの」と大喜びで、ママから感謝をされました。ママも「うっかり上の子は放ったらかしにしてしまっていたけれど、久しぶりにゆっくり絵本を読んであげられて良かった」と言ってもらえました。


大人になっても読み聞かせをしてもらった経験は忘れないものです。
本を好きになってもらうには、幼い頃からの読み聞かせが一番です。

近年では夫婦共働きの家庭も多いですが、子どもが生まれてから積極的に子どもと関わる時間を確保している御家族も非常にたくさんいらっしゃいます。

生後3か月ごろからの絵本の読み聞かせは、子どもにとっても親にとっても非常に重要で意味のある時間となっています。
読み聞かせを開始してすぐの生後3か月の頃は、まだ全く子どもは絵本に興味を示すということもなく無関心な状態ですが、生後5か月頃になると徐々に絵を目で追うようになってきます。

特に、赤や青だったり緑や黄色などのハッキリとした目立つ色には関心を示して、よく目で追うようになってきます。

言葉こそまだ全く理解をしてはいないものの、読み聞かせを続けていくうちに、絵本を聞く姿勢というのが徐々にできてきます。

たとえば、絵を目で追うようになってきたり、時には本を自分で持とうとしたり、興味のある絵を指さして他者に知らせようとしたりします。
また、だんだんと理解が進んでくると、子どもは自ら絵本を読んでほしいとアピールするようになってきて、自分の好きな本を本棚から選んできて、お父さんやお母さんだったり、おじいちゃんやおばあちゃんなどの大人のところに持ってきて読んでほしいとせがんでアピールをするようになってきます。

子どもはたいてい繰り返しをして何でも学ぶようになるのですが、自己主張を強くするようになってくると、同じ本ばかりを好んで選ぶようになります。

こうして同じ絵本を繰り返して読み聞かせをするうちに、絵本に出てくるワードを真似して言ってみるようになったり、物の名前を覚えたり、知っている物の絵が出てくると指さしをして知っていることをアピールしたり、物の名前を言って教えてくれたりするようになります。
絵本はこのように、子どもの言葉の発達を促すものであり、しかも想像力も育てる役割をします。


さらには、子どもと親とが触れ合えるスキンシップの時間にもなるの、絵本の読み聞かせは大変有効です。

http://news.yahoo.co.jp/feature/129
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/27/186/
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/785855.html

様々なフォトスタジオの口コミに関する企業の一覧です。

前撮りが最近こちらで話題になりました。

気軽に西川口の夜間保育園の最新情報を公開しています。

子供の写真の最新情報を掲載しました。

練馬区の不用品回収のお得情報を公開します。